ダイヤモンドで愛を誓う|ハワイアンな自然のデザインを婚約指輪に取り入れよう

ハワイアンな自然のデザインを婚約指輪に取り入れよう

指輪

ダイヤモンドで愛を誓う

指輪

エンゲージリングの歴史

プロポーズを考える男性は、婚約指輪を準備したほうが良いのかと悩むところだと思います。女性にとって婚約指輪に対する意見は様々なのが現実のようです。一昔前は結納、婚約指輪、結婚式、披露宴と一種のしきたりのような形で行うことが当たり前というものが多々ありました。しかし結婚や婚姻に対する考えが多様化してきたため、カップルが話し合って決めることが多くなってきました。婚約指輪についても、プロポーズのさい男性が用意するものという考えから少し変わってきています。婚約指輪の歴史は古く、古代ヨーロッパまでさかのぼります。宝石をあしらうようになったのは中世ヨーロッパの時代と言われています。日本では高度経済成長期に、ダイヤモンドの輸入解禁とともに、ダイヤモンドが施された婚約指輪が普及していきました。

二人で選ぶ記念のリング

意外にもプロポーズ前に男性が用意するという形式は少なくなってきています。それは先に述べたように、結婚や婚姻への考えが多様化してきたためといえます。女性にとっては、デザインなどを自分でも選びたいという人もいます。男性にとっては、そもそもサイズが分からない、自分が選んだものだと気に入ってくれるか不安だ、などという気持ちもあるようです。また婚約指輪と結婚指輪を一緒に選ぶというカップルもいます。一般的に婚約指輪はダイヤモンドが装飾されたものが多いです。純潔、純真無垢、永遠の絆という石言葉をもつダイヤモンドは婚約指輪にぴったりでしょう。婚約指輪を選ぶ際には、いろいろな選び方がありますが、やはり憧れのブランドから決めたいのが女性の気持ちかもしれません。また一生の記念になるのはオーダーメイドです。二人で話し合い作りあげたリングは、女性にとってだけでなく二人にとって一生の記念となります。